0歳から12歳まで。小学生で英検準2級以上に合格できる最新ウェブ英語学習教材のパルキッズです。フリーダイヤル:0120-635-080 [平日9:00-16:30]


カートを見る
ログイン
パルキッズCLUB

ハワイアンジャーナル パルキッズ通信 | ,

ヘッダー

2015年11月号ハワイアン子育てジャーナル

Vol.53 | フォニックス学習を成功させるには

written by 船津 徹(Toru Funatsu)


※本記事のテキストは引用・転載可能です。引用・転載する場合は出典として下記の情報を併記してください。

引用・転載元:
http://palkids.co.jp/palkids-webmagazine/hawaiian-journal1511/
船津徹『フォニックス学習を成功させるには』(株式会社 児童英語研究所、2015年)


特集イメージ1 日本国内でバイリンガル育児を成功させるには英語のリーディング力を育成することが必要です。英語の本がスラスラと読めるようになれば、子どもは自分の力で語彙力、文法力、読解力、表現力、リスニング力、スピーキング力を伸ばしていくことができます。
 英語のリーディング力を育てる上で大切なのが「正しい発音」です。英語の本を流暢に読むには、英語の正しい発音を身につけなければいけません。自己流の発音ではスラスラと流れるように英語の本を読めるようにはなりません。正しい発音を知らないと、いくら本を読ませても拾い読みや棒読みになり読解力が発達しません。
 英語の正しい発音を身につけるスタートは「フォニックス」です。フォニックスは英語の五十音であり、英単語を構成している「音」を学ぶ学習法です。フォニックスには日本語には存在しない「音」がたくさんあり、英語が得意でない両親が教えることができないのが難点です。


| 歌で教える

特集イメージ2 フォニックスを家庭で教える一番簡単な方法が「歌」です。フォニックスを学ぶための要素が詰まった歌を聞かせることで、子どもはフォニックスの音だけでなく、英語の持つリズムやイントネーションを身につけることができます。歌でしたら幼い子どもに聞かせても問題ありません。
 フォニックスの歌はインターネットで調べればいくらでも見つけることができます。YouTubeなどでもフォニックスの歌を無料で見聞きすることができます。これらを活用することによって、子どもはごく自然に英語の正しい発音を身につけることができます。
 またナーサリーライムやマザーグースなどのわらべ歌も英語のリズムと発音を身につけるための優れた教材です。英語のリズムは「ライム」と呼ばれる音韻によって作られています。ナーサリーライムには音韻が多用されていますから、聞いているだけで英語の独特なリズム感を学ぶことができるのです。


| アプリで教える

特集イメージ3 子どもが5歳くらいになったらスマートフォンやタブレットのアプリを使ってフォニックスを教えることができます。日本語のアプリもたくさん販売されていますが、お勧めは海外で開発されたフォニックスアプリです。英語だけのアプリでも子どもはすぐに使いこなせるようになります。
 インターネットで「phonics apps」や「phonics application」などで検索してみましょう。いくらでも楽しそうなゲームやアプリが出てきます。まずは両親が試して子どものレベルに合ったものを与えてください。アプリは子どもにやらせっぱなしにしないように注意してください。1回の時間を15分や30分と決めて取り組ませるようにしましょう。
 フォニックス以外にも「Preschool Apps」などのキーワードで探すと英語力全般を養うことができるゲームやアプリがたくさん出てきます。これらを活用することで子どもは遊びながら英語知識を増やしていくことができます。繰り返しますが、アプリはやらせっぱなしにしないでください。


| 動画/DVDで教える

特集イメージ4 アプリ以外にもインターネット動画や海外で作られたDVDを使ってフォニックスを教えることができます。「Sesame Street」などの超有名番組はもちろんYouTubeで「phonics」と検索すればいくらでも無料の動画を見ることができます。動画を選ぶポイントはできるだけ短いもので、教える内容が明確なもの。ひとつのトピックを教えるのに2分以内が理想です。長い内容は子どもがすぐに飽きてしまうので学習効果は高くありません。

<TLC for Kidsのフォニックス教材が全米第二位の評価!>

全米で25万人の学校教師が加入するアメリカ最大の教材リソースサイト「OpenEd」が発表した「最も効果があるオンラインリソース」で、TLC for Kidsのフォニックス教材が92%の高評価でPBSに次いで第2位にランクインしました!サンプル動画はYouTubeでご覧いただけます。 →https://www.youtube.com/user/LetsStartSmart


前の記事「幼児・児童の英検対策」 | 次の記事「今月のお知らせ」

プロフィール

船津 徹(Funatsu Toru)

1966年福岡県生まれ。1990年明治大学経営学部卒業。教育コンサルタント。米国法人TLC for Kids代表。大学卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威、七田眞氏に師事。「パルキッズ」「パーフェクトイングリッシュ」など、しちだ式英語教材制作に従事。2001年ハワイ州、ホノルルにて移民のための学習塾TLC for Kidsを設立。2015年にはTLC for Kidsカリフォルニア州トーランス校を設立。アジア諸国からの移民子弟を中心に4000名以上の子どもの教育に携わる。同氏が手掛けたフォニックス教材は全米で25万人の教師が加盟するアメリカ最大の教育リソースサイト「OpenEd」による「最も効果がある教材部門」で第2位にランクイン。音楽と演劇を組み合わせた独自の教育メソッドは全米で注目されている。著書に『アメリカ最先端の英語習得法』(現代書林)。一男の父。一人息子は日本語・英語・中国語を操るトリリンガル。バラック・オバマ大統領の母校ハワイのプナホウスクールを卒業。ドナルド・トランプ氏の母校であるペンシルバニア大学ウォートンスクールに在学中。

今月のお知らせ
お得な情報はこちら

この記事をシェアする

関連記事