10万組の親子が実践した最新ウェブ「超効率」英語学習教材のパルキッズです。フリーダイヤル:0120-635-080 [平日10:00-15:00]


カートを見る
ログイン
パルキッズCLUB

ハワイアンジャーナル パルキッズ通信 | ,

ヘッダー

2020年3月号ハワイアン子育てジャーナル

Vol.105 | 英語は小学校時代にやっつける!

written by 船津 徹(Toru Funatsu)


※本記事のテキストは引用・転載可能です。引用・転載する場合は出典として下記の情報を併記してください。

引用・転載元:
http://www.palkids.co.jp/palkids-webmagazine/hawaiian-journal-2003
船津徹「英語は小学校時代にやっつける!」(株式会社 児童英語研究所、2020年)


 英語圏の子どもたちは小学1年生になると、毎日短い本を1冊読むこと、あるいは20〜30分間の読書が宿題として義務づけられます。なぜ文字を習い始めたばかりの子どもに大量の読書を要求するのかというと、多読によって読書への抵抗感を取り除くことが、子どもの学力向上に直結するからです。
 読書啓蒙活動を行うThe Children’s Reading Foundationによると、全米の学校カリキュラムの「85%以上」は「読むこと」で構成されているそうです。つまり小学校低学年の時期に本を早いスピードでスラスラと読み解ける力を獲得できれば、あらゆる教科の勉強がスムーズに進むというわけです。


読む量が少なすぎる日本の英語教育

 全米の4年生、8年生(中学2年)、12年生(高校3年)を対象に実施される全米学力調査(NAEP)の結果を見ると、小学4年生時点のリーディング力は、8年生、12年生になっても変わらないことが分かります。つまり小学校低学年までに満足なリーディング力が身につかないと、学年が上がってから取り戻すことが難しくなるのです。
 日本でも小学3年生から英語の授業が始まりましたが「コミュニケーション」が強調され過ぎていて「英語を読む指導」がほとんど行なわれていません。子どもを英語嫌いにしないようにとの配慮ですが、私は英語の音や活字への抵抗感が少ない小学校低学年こそリーディング指導の適齢期と考えています。
 日常的に英語を使う環境がない日本ではコミュニケーション中心の英語教育は現実的ではありません。実践の場がないため勉強した内容が定着しないのです。外国人との触れ合いや異文化体験は大いに意義がありますが、肝心の英語力の向上はあまり期待できません。
 近年、韓国、中国、台湾など、アジアの国々が英語力を向上させることに成功していますが、その一因として、小学1年生から英語を正式教科とし、リーディングを指導していることがあると私は考えています。
 コミュニケーションには相手が必要ですが、リーディングは自学自習できます。いつでも、どこでも、何時間でも、本さえあれば、学習者のやる気次第でいくらでも英語力を向上させていくことができるのです。
 参考までにご紹介しますが、日本の中学1年〜3年の英語教科書に出てくる延べ単語数は「3年間で約6000語」です。アメリカの小学2年生は「1年間で平均85000語」を読みますから、日本の英語教育はもう少し「リーディング」の育成に目を向ける必要があるのではないでしょうか。


どうしたら英語が読めるようになるのか?

 日本の子どもが「ひらがな」「カタカナ」「漢字」という順で文字読みを身につけていくように、英語のリーディング指導も系統的に行われます。最初に学ぶのが、英語の「ひらがな」である「フォニックス」です。フォニックスは「A=ア」「B=ブ」「C=ク」というように、アルファベット26文字と「音」の関係を教えるものです。
 日本では「A=エイ」「B=ビー」「C=シー」とアルファベットの「名前」を教えますが、これを覚えても簡単な三文字単語の「BED」すら読むことができません。「BED=ビーエイーディー」になってしまいますね。でもフォニックスを学ぶと「BED=ブェド」と正しい発音で読めるようになるのです。
 日本の学校ではフォニックスを教えずに、いきなり単語読みを指導しますが、これは「ひらがなを読めない子どもに本を読ませる」ようなものです。この方法だと、多くの子どもが「正しく読めない」「知らない単語は読めない」という壁にぶつかります。そして「英語は難しいから嫌い!」となってしまうのです。
 フォニックスを学ぶと小学生でもシェークスピアが読めるようになります。日本語は「漢字」を覚えなければ、難解な本が読めるようになりませんが、英語には漢字がありませんから、フォニックスを覚えれば、大人向けの小説や専門書だって読めるようになるのです。
 もちろん英語の本が読めても、書かれている内容を全て理解できるわけではありません。しかし英語が読めるようになることは、子どもにとって大きな成功体験であり「自分は英語ができる」という自信とやる気を大きくしてくれます。
 そこから先は、子どもの興味に合った本を多読していくことで、ボキャブラリーを増やし、文法知識を身につけ、表現力を伸ばしていけばいいのです。さらに付け加えると、本を読む時は、黙読していても頭の中で「音読」していますから、スピーキングとリスニングも同時に鍛えることができます。


サイトワーズを300語覚えると、どんな本でも7割読める!

 「the, of, and, a, to, in」を読めない人はいないと思います。これらは英語の「頻出単語」であり、サイトワーズ(Sight Words)と呼びます。英語圏の小学校では、フォニックスに加えて、サイトワーズを必ず指導します。
 小学校でサイトワーズを教える理由は明快です。全ての英語の「約50%は頻出上位100単語」のサイトワーズで、そして、全ての英語の「65〜70%は頻出上位300単語」のサイトワーズで構成されているからです。*絵本から専門的な学術文章まで全ての英語です。
 たった300単語のサイトワーズを覚えるだけで、理屈では、どんな本も70%読めるようになるのです。サイトワーズはリーディングフルエンシーを身につける近道ですから、子どもたちに教えない手はありません。
 サイトワーズにはいくつかの異なるリストが存在します。アメリカの小学校で最もよく使われるリストはDolch Sight Wordsと呼ばれる220単語です。このリストが発表されたのは1948年で、当時の子ども向けの絵本から単語が抽出されています。「The Cat in the Hat」で人気のDr. Seussの絵本シリーズはDolch Sight Wordsの220単語をベースに書かれています。
 次にメジャーなものがFry Sight Wordsです。こちらは1980年に最新版が発表されました。このリストには小学3年〜高校1年生までの教科書で頻出する1000単語がまとめられています。この1000単語を覚えると、あらゆる英語の本、新聞、ウェブサイトの「90%以上」が読めると言われています。
 オーストラリア(イリギス英語)の小学校でよく使われる単語をまとめたものがOxford Wordlistと呼ばれる500単語のリストです。このリストのオリジナルは2007年に発表されましたが、2017年にアップデートされており、現在最も新しいサイトワーズリストです。
 以上のリストはインターネットで無料公開されていますから、興味ある方は検索してみてください。


リーディング訓練が足りないと英語嫌いになる!

 私はアメリカで学習塾を経営しているのですが「勉強が苦手!」という英語ネイティブの子どもに共通するのが「本(読書)への抵抗感が強いこと」です。活字への抵抗感が抜けないまま学年が上がってしまい、学習の消化不良を起こしているのです。
 実は、これと同じことが日本人の英語学習者にも起きています。英語学習をスタートした時期に英語を読む訓練が十分でないため、活字への抵抗感が抜けず、英語を読むスピードが遅く、読解力が伴わないのです。そのため英語を見ると「面倒だ」「難しい」と苦手意識を持つようになります。
 日本で実用的な英語力を身につけるには、英語の本を読み解く力を身につけることが不可欠です。これを実現するためには、英語教育のスタート時に、フォニックスとサイトワーズを指導して、英語の本が流暢に読めるようにしてあげれば良いのです。
 最後に小学校低学年の子どもに英語を教えると、母国語(日本語)の発達が悪くなるのではないかと心配される方がいます。英語を日常的に使う環境がない日本で、1年間に35コマ程度(26時間)の英語レッスンを受けても母国語がおかしくなることはありませんのでご安心ください。


船津徹先生の英語講演会が3月21日に東京で開催されます!

日時:3月21日(土)13:00〜16:00
場所:ガーデンシティ品川
参加費:7,500円
お申し込み:以下リンクからお申し込みください。 ↓↓↓ https://www.reservestock.jp/events/414668


ハワイイメージ1【編集部より】
船津徹先生の新著『世界で活躍する子の〈英語力〉の育て方』が好評発売中です。子どもが「リーディング力」を身につけるプロセスを、ステップバイステップで詳しく解説する一冊です。本書の内容を実践することで、英語習得最大の壁である「リーディング力」をスムーズに獲得することができます!「英語の本が楽しめる子どもに育てたい!」という方はぜひご一読ください。▶︎詳細・お申し込みはこちらをクリック


前の記事「子どものケアレスミスを改善する方法」 | 次の記事「今月のお知らせ」


プロフィール

船津 徹(Funatsu Toru)

1966年福岡県生まれ。1990年明治大学経営学部卒業。教育コンサルタント。米国法人TLC for Kids代表。大学卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威、七田眞氏に師事。「パルキッズ」「パーフェクトイングリッシュ」など、しちだ式英語教材制作に従事。2003年ハワイ州、ホノルルにて移民のための学習塾TLC for Kidsを設立。2015年にはTLC for Kidsカリフォルニア州トーランス校を設立。アジア諸国からの移民子弟を中心に4000名以上の子どもの教育に携わる。同氏が手掛けたフォニックス教材は全米で25万人の教師が加盟するアメリカ最大の教育リソースサイト「OpenEd」による「最も効果がある教材部門」で第2位にランクイン。音楽と演劇を組み合わせた独自の教育メソッドは全米で注目されている。著書に『アメリカ最先端の英語習得法』(現代書林)。一男の父。一人息子は日本語・英語・中国語を操るトリリンガル。バラック・オバマ大統領の母校ハワイのプナホウスクールを卒業。ドナルド・トランプ氏の母校であるペンシルバニア大学ウォートンスクールに在学中。

今月のお知らせ
お得な情報はこちら

この記事をシェアする

関連記事