0歳から12歳まで。小学生で英検準2級以上に合格できる最新ウェブ英語学習教材のパルキッズです。フリーダイヤル:0120-635-080 [平日9:00-16:30]


カートを見る
ログイン
パルキッズCLUB

ハワイアンジャーナル パルキッズ通信 | ,

ヘッダー

2014年10月号ハワイアン子育てジャーナル

Vol.40 | リーディングフルエンシーを育てる

written by 船津 徹(Toru Funatsu)


※本記事のテキストは引用・転載可能です。引用・転載する場合は出典として下記の情報を併記してください。

引用・転載元:
http://palkids.co.jp/palkids-webmagazine/hawaiian-journal1410/
船津徹『リーディングフルエンシーを育てる』(株式会社 児童英語研究所、2014年)


特集イメージ1 アメリカでは英語をスラスラと流暢に読める状態を「フルエンシー」と言います。子どもにフルエンシーが身についているか否かは、一般に、読書スピードによって判断します。ちなみに、小学1年生では1分間に30~60単語、2年生では60~90単語を「正確に音読できる」ことが目安です。実際に計ってみると分かりますが、1分間に90単語を読むことは大人でも難しい作業です。


| 理解よりも流暢に読むことが先

特集イメージ2 子どもがフルエンシーを身につける過程では「理解よりも流暢に読むこと」を優先することが大切です。本を読み始めの子どもに「読むこと」と「理解すること」を同時に要求すると、必ず読書スピードが遅くなります。すると、理解が深まるどころか、読んだそばから内容を忘れていくという悪循環に陥ってしまいます。理解はひとまず横に置いておき、流暢に読むことに専念させましょう。
 多読を通して英語の活字に慣れてくると、英文を単語単位でなく、いくつかの単語のかたまりで読み取れるようになります。その結果、読書スピードは向上し、流暢さが増し、感情移入して本が読めるようになります。つまり本の世界をより深く楽しめるようになるわけです。
 家庭においてフルエンシーを指導する場合、オーディオブックの「暗唱」が効果的です。オーディオブックというのは本の内容が収録されたCDや音声ファイルのことです。子ども向けの本、例えばドクタースースなどのオーディオブックを繰り返し聞かせて内容を丸暗記させるのです。その上で本を音読させてみましょう。子どもがスラスラと流暢に読めることにきっと驚かれることでしょう。


| 家庭では毎日30分の読書を

特集イメージ3 家庭では毎日30分の読書を日課としましょう。まだ流暢に読めない子どもには両親が一緒について「音読」をさせてください。音読をすると、自分の声を聞くことができますから、内容の理解が深まります。きちんと読めていない単語は両親がチェックしておき、読み終わってから一緒に復習してください。  多読する本は子どものレベルに合ったもの、容易に読めるものでなくてはいけません。難しすぎる本を読ませると英語嫌いの原因となります。多読に適した本として一般的なのは「Oxford Reading Tree」や「Penguin Readers」などです。最初は親が選んであげますが、徐々に子どもに本を選ばせるように促しましょう。  子ども向けの本にはグレードレベルやリーディングレベルが記載してありますので、それを参考に本を選びましょう。レベルがはっきりしない場合、最初の数ページを子どもに読ませてみましょう。1ページに読めない単語が4、5個以上ある場合、難しすぎる内容ですから注意してください。

*Anderson,N. J. (2008). Practical English language teaching: Reading. New York: McGraw-Hill. **Staples Speed Reading Test


前の記事「オンラインレッスンの始め時」 | 次の記事「今月のお知らせ」


プロフィール

船津 徹(Funatsu Toru)

1966年福岡県生まれ。1990年明治大学経営学部卒業。教育コンサルタント。米国法人TLC for Kids代表。大学卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威、七田眞氏に師事。「パルキッズ」「パーフェクトイングリッシュ」など、しちだ式英語教材制作に従事。2001年ハワイ州、ホノルルにて移民のための学習塾TLC for Kidsを設立。2015年にはTLC for Kidsカリフォルニア州トーランス校を設立。アジア諸国からの移民子弟を中心に4000名以上の子どもの教育に携わる。同氏が手掛けたフォニックス教材は全米で25万人の教師が加盟するアメリカ最大の教育リソースサイト「OpenEd」による「最も効果がある教材部門」で第2位にランクイン。音楽と演劇を組み合わせた独自の教育メソッドは全米で注目されている。著書に『アメリカ最先端の英語習得法』(現代書林)。一男の父。一人息子は日本語・英語・中国語を操るトリリンガル。バラック・オバマ大統領の母校ハワイのプナホウスクールを卒業。ドナルド・トランプ氏の母校であるペンシルバニア大学ウォートンスクールに在学中。

今月のお知らせ
お得な情報はこちら

この記事をシェアする

関連記事