10万組の親子が実践した幼児・小学生向け「超効率」英語学習教材のパルキッズです。フリーダイヤル:0120-635-080 [平日10:00-15:00]


カートを見る
ログイン
パルキッズCLUB
今月の内容

[特集記事]
英語を楽しく学ぶ秘訣
ポイントはたったの2つ!「正しい発音」と「強弱のリズム」で読む学習法

—————— 船津 洋(Hiroshi Funatsu)


幼児・児童期の学習、あるいは大学生を対象にした “CLIL : Content and Language Integrated Learning、内容言語統合型学習、クリル” に至るまでも、なぜか英語を学ぶとなると「楽しむ」ことの呪縛から逃れられないのが、私たち日本人です。まるで「楽しくなければ …続きを読む

記事を読む

[パルキッズ塾]
子どもの英語力を見誤ってないですか?


これからパルキッズをスタートされる方からいただく質問でよくあるのが「うちの子、英語がよくわかっていないみたいなんです」「わからない単語がたくさんあるみたいで」「全然話してくれないんですが」というものです。こういったご質問を聞くと、毎回、なぜ子どもの英語力が …続きを読む

記事を読む

[ハワイアンジャーナル]
日本で子どもの英語力を育てる方法は?


日本で子どもの英語力を育てるには、何歳から、どのような方法で学習するのがベストなのでしょうか?「英語教育は早ければ早いほど良い」「英語教育の臨界期は6歳だ」「英会話力は幼児期でなければ身につかない」など、インターネットには様々な情報が飛び交い、親たちを惑わせ …続きを読む

記事を読む

今月のお知らせ

おすすめの注目記事

[2021年3月号]
習い事を科学する
○○だけでは食べられない、バランスの取れた教育とは


毎年のようにいろいろなところから「習い事ランキング」が発表されています。覗いてみると、スイミングや英会話のような王道から、ピアノにそろばん、あるいは書道のように歴史の長い習い事もあります。ひと昔前までは、男の子ならサッカーや野球、女の子ならピアノやバレ …続きを読む

記事を読む

[2021年2月号]
理解力・思考力・表現力の高い子を育てる簡単な方法
乳幼児期からの国語教育という視点から見える日本人の国語力の弱さ


例えば、小さい頃にたくさんの絵本に触れた子とそうでない子では、ことばの能力に大きな差が付きます。幼児期の言語発達の指標に照らすと、大量の絵本に触れた子は年少前(2歳~3歳)の段階で早くも平均的な年長児(5歳~6歳)並みの語彙を持っていたりします。語彙は言語生活 …続きを読む

記事を読む

[2021年1月号]
『パルキッズ』インプット·メソドの徹底解説
超効率な英語習得法の仕組み


私も含め、今の親の世代は中学校から文法訳読方式のいわゆる「学校英語」で少なくとも6年、大学へ進学すれば8年間は英語を勉強してきました。「学校英語」が思うように「使える英語」へと結びつかない事への不満は今に始まったことではなく …続きを読む

記事を読む

バックナンバーを読む