0歳から12歳まで。小学生で英検準2級以上に合格できる最新ウェブ英語学習教材のパルキッズです。フリーダイヤル:0120-635-080 [平日9:00-16:30]


カートを見る
ログイン
パルキッズCLUB

ハワイアンジャーナル パルキッズ通信 | ,

ヘッダー

2017年11月号ハワイアン子育てジャーナル

Vol.77 | ハワイのお受験シーズン到来!

written by 船津 徹(Toru Funatsu)


※本記事のテキストは引用・転載可能です。引用・転載する場合は出典として下記の情報を併記してください。

引用・転載元:

パルキッズ通信【2017年11月ハワイアン子育てジャーナル】ハワイのお受験シーズン到来!
船津徹『ハワイのお受験シーズン到来!』(株式会社 児童英語研究所、2017年)


イメージ1 常夏の楽園ハワイにも「お受験戦争」があるのをご存知でしょうか?ハワイのお受験対象校は、オバマ前大統領が卒業したプナホウスクール、そして学業優秀なアジア人が多いイオラニスクールです。 両校とも受験できる学年が、幼稚園、中学(プナホウは4年生でも受験可)、高校と決まっており、その中で最も競争が過熱するのが幼稚園受験です。 よく日本人父兄から「ハワイの私立校受験をしたいのですが」と相談を受けます。ハワイの受験は日本に比べて簡単だと思っている方が多いのですが、プナホウ・イオラニに関しては数少ない定員枠を巡って熾烈な競争があります。 さらにアメリカの私立学校は、卒業生や在校生が親族にいる生徒、教員など学校スタッフの子弟を優先的に入学させるシステム(レガシー)があり、縁故がない日本人受験生にとって合格のハードルは一層高くなります。

| 外国人が慶応幼稚舎を受験するのと同じ

ハワイの私立学校の難しさは日本とアメリカを置き換えて考えると分かりやすいです。日本の名門、慶応幼稚舎に合格するには平均以上の日本語力と学力(さらに縁故)が必要です。日本に移り住んできたばかりで、片言の日本語を話す外国人の子どもが慶応に合格するのは難しいですね。 ハワイのお受験も同じです。片言の英語力と平均的な学力では到底合格できません。ちなみにオバマ前大統領が通ったプナホウスクールは創立1841年で、慶応大学(1858年創立)よりも長い歴史があり、著名人の卒業生も多く、伝統を重んじる校風が根強いています。

| ハワイの受験で求められる資質

イメージ3 第一に英語力。アメリカのお受験では初対面の面接官と一対一で約1時間の面接を受けなければなりません。大人でも英語で1時間のセッションを行なうのは大変ですが、それを4〜5歳の子どもが行なうわけです。面接官の質問を正確に理解して応対できるレベルの英語力が必要です。 第二にコミュニケーション力。アメリカの学校は「自己表現力」を重視します。自分の考え、意見、好き嫌いなどをはっきりと表現できるように日頃から訓練しておくことが大切です。また相手の目を見てしっかり話す、話を最後まで聞く、笑顔で挨拶するなど、コミュニケーションの基礎を教えておくことも必要です。 第三に思考力。アメリカの受験では「思考力」を問う質問が出ます。たとえば「なぜスープをスプーンで飲むのですか?」「ドアと窓はどこが似ていますか?」「なぜトイレの後に手を洗うのですか?」という質問に英語で論理的に答えられる力が必要です。

| アメリカの受験は伸びしろを見る

イメージ4 日本人の子どもは大人とのコミュニケーションが苦手です。そのため個別面接で実力よりも低く評価されてしまうケースがほとんどです。能力があっても、それをしっかりと伝える訓練ができていないと、自己表現が得意なネイティブの子どもたちに見劣りしてしまいます。 幼稚園受験では、面接官は子どもたちの「伸びしろ」を見極めようとします。その時の能力よりも、地頭力や、やる気や、コミュニケーション力などから、将来の発展可能性、金のタマゴを見つけようとしているのです。 日本人の受験生の多くは「英語力」が劣るのは当たり前です。面接官もそのことは分かっています。英語力が未熟でも、問題に向かい合う態度、人と接する態度、あきらめずに挑む態度などが身についている子は、誰の目にもピカリと光って見えます。 そんな「やる気まんまんの子ども」に育てることができれば、日本はもちろん世界中の受験で成功することができます。 子どものやる気の育て方について、詳しくは拙著「世界標準の子育て」をご一読ください。

前の記事「プリスクーラーからキンダーに進む時にやってはいけない3つのこと」 | 次の記事「今月のお知らせ」


プロフィール
船津 徹(Funatsu Toru) 1966年福岡県生まれ。1990年明治大学経営学部卒業。教育コンサルタント。米国法人TLC for Kids代表。大学卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威、七田眞氏に師事。「パルキッズ」「パーフェクトイングリッシュ」など、しちだ式英語教材制作に従事。2001年ハワイ州、ホノルルにて移民のための学習塾TLC for Kidsを設立。2015年にはTLC for Kidsカリフォルニア州トーランス校を設立。アジア諸国からの移民子弟を中心に4000名以上の子どもの教育に携わる。同氏が手掛けたフォニックス教材は全米で25万人の教師が加盟するアメリカ最大の教育リソースサイト「OpenEd」による「最も効果がある教材部門」で第2位にランクイン。音楽と演劇を組み合わせた独自の教育メソッドは全米で注目されている。著書に『アメリカ最先端の英語習得法』(現代書林)。一男の父。一人息子は日本語・英語・中国語を操るトリリンガル。バラック・オバマ大統領の母校ハワイのプナホウスクールを卒業。ドナルド・トランプ氏の母校であるペンシルバニア大学ウォートンスクールに在学中。

今月のお知らせ お得な情報はこちら

この記事をシェアする