0歳から12歳まで。小学生で英検準2級以上に合格できる最新ウェブ英語学習教材のパルキッズです。


カートを見る
ログイン
パルキッズCLUB
今月の内容

[特集記事]  3級・準2級もスタート!英検ライティングテスト対策
[特集記事]   親子でできる!話す・書く力を育てる思考トレーニングって何?

—————— 船津 洋(Hiroshi Funatsu)


公益財団法人 日本英語検定協会が実施している「実用英語技能検定」、皆様おなじみの「英検」ですね。英検の試験内容は、もともと選択問題を中心に構成されており、一次試験では、語彙や読解力などの文字情報の処理能力を測るリーディングテストと、音声情報の処理能 ...続きを読む

記事を読む

[パルキッズ塾]  子どもの自信に根拠はいらない?


長年子どもたちが英語を身につけていく様子を見ていると、やはり大切なのは親子関係であるということがわかります。  英語環境を作ることで子どもたちは自然に英語のリズムを身につけます。そしてそこからさらに英語力を向上させるためには読解力が必要なわけですが、 ...続きを読む

記事を読む

[ハワイアン子育てジャーナル]  バイリンガルは訳さない


バイリンガル子育てで多いミスに「翻訳」があります。子どもに英語の本を読ませて「どういうお話だったかママに教えて?」「この単語の意味は何?」と子どもの理解を「日本語で」確認しようとする行為です。ご両親の気持ちはよく分かりますが「翻訳」をさせ続けている ...続きを読む

記事を読む

今月のお知らせ

[NEWS]  5月14日(日) 船津洋・講演会[東京・新宿]開催決定!ただいまご参加受付中

詳細をチェックする

[NEWS]  2017年4月3日まで・パルキッズ新年度応援キャンペーン開催中

詳細をチェックする

おすすめの注目記事

[2017年2月号]  完・船津流「育児論」
[2017年2月号]  自分の経験をわが子に伝えていますか?


唐突ですが、親が子より優れている点は何でしょう。体力であり、経済力であり、思考力であり、知識量であり、経験量であり…等々枚挙に困じることはありません。もっとも、このような極度の一般化を伴うような思考が、親子関係においてさまざまな弊害を生じさせる元凶で ...続きを読む

記事を読む

[2017年1月号]  子どもはどうしてコトバを身につける?
[2017年1月号]  最新言語学から子どもの言語獲得の謎を解いてみよう


幼児期の言語獲得、母語獲得に関しては、あまり突っ込んで考えたことがない方が多いのではないでしょうか。いや、むしろ、考えない方が自然です。なぜ我々は日本語の文法を習う前から、幼児でも正しく日本語を話せるのでしょう。こんなことを考え始めたら思考の深みには ...続きを読む

記事を読む

[2016年12月号]  続々・船津流「育児論」
[2016年12月号]  その四、わが子にいろいろな経験をさせていますか?


10月に本誌(パルキッズ通信)上に愚生の育児観の一端を書き連ねたところ、ダウンロード数が思いの外伸びているのに気をよくして、翌11月号では続編を書いてみましたが、なんと引き続き読者数が増えているとのこと。英語教育を専らのテーマとする本誌で、こんな記事 ...続きを読む

記事を読む

バックナンバーを読む